2020年9月14日

冬の体臭要注意!脱いでもイイ男でいるためのニオイ対策!

夏は、普段あまり体臭などを気にしていない男性も体臭対策を行っている人は多いと思います。

もちろん夏は汗をかくから体臭が発生しやすい季節ですが、気温が下がる冬は汗をかくことが少ないから体臭がしにくくなっているって思っていませんか?

  • 冬は厚着で汗をかく!
  • 冬は汗がムレて余計にニオイがきつくなる!
  • 冬は意識が下がりニオイ対策を忘れがち!

実は、冬こそ意識して体臭対策を行わないと、気が付いたときにはすでに嫌なニオイをまわりにまき散らしてるなんてことになります。

どんだけ服装や髪型などに手間かけてかっこつけても、服を脱いだらムワっと体臭まき散らすのはイイ男ではありません。

この記事では、冬に気を付けてほしい体臭対策を紹介します。

冬の体臭対策をするべき理由

冬に体臭対策を行う理由としては、気温が下がり自然と厚着になるので全身汗をかいているからです。

コートやセーター、ブーツや厚手の靴下、マフラーなどで寒さ対策をして外出すると思いますが、電車やバスなど暖房の効いた施設に入って歩いていると、あなたも気が付かない程度に汗をかいているんです。

その汗が、厚着をしているせいで行き場をなくし服の中にこもってしまい、上着を脱いだり靴を脱いだりしたときにむわっと臭いにおいをまわりにまき散らしてしまうんです。

夏は薄着になるので、汗はかくけど外に熱気なども逃げるから蒸れたりはしにくいんだね

そして、冬に着るコートやセーターなど家洗いよりクリーニングに出す人が多いと思います。

夏に比べて比較的洗濯する頻度が少なくなってしまい、汗の酸化したニオイやタバコのニオイ、生活臭の嫌なニオイがこびりつき、そこに汗などで湿気が入ると、また余計にニオってくるんです。

冬は汗の臭いなどはしにくいと思っているあなたは、絶対的に注意したほうが良いです。

冬に注意したい体臭が発生する場所

冬に注意したい体臭が発生する場所は夏場も冬場も変わりません。「加齢臭が発生する8つの部位(場所)と対策!ここを抑えてニオイ激減!」の記事で紹介している場所と同じです。

汗をかきやすい場所は、熱を発している場所でもあるので汗を出して体温を調整しようとします。

  • 厚手の靴下を履いた靴やブーツの中
  • 汗をかいてコートの中でムレた上着
  • 汗や皮脂が付いたマフラー
  • ハットやニットをかぶってムレた頭

想像してみてください。食事をする際に脱いだコートや上着の中からムレたおっさん臭をまき散らしたり、座敷に上がる際に脱いだ靴下から今にも湯気が見えそうなくらいムレた足のニオイ…

そして、飲食店などで脱いだコートなどを受け取った店員さんが最高の笑顔で「この人くっさ!!」って心の中で叫んでいる姿を!

想像しただけでヒィ~っとするわ…

油断するな!ニオイをまき散らしてしまうタイミング

やっぱり冬の体臭の特徴は、かいた汗が服の中にこもってしまう独特なニオイをまき散らします。気を付けたいタイミングは基本「脱ぐ」タイミングです。

コートや靴を脱ぐとき

コートやジャケット、そして靴やブーツを脱ぐタイミングは一番注意が必要です。靴の中はただでさえ通気性が悪くムレてしまう場所なのに、厚手の靴下なんかを履いてしまうと最悪です。宙を舞うニオイが黄色く見えてんじゃないかってくらいムレます

飲食店や、訪問先でコートを脱ぐと今までコートの中にこもっていたムレたイヤな加齢臭やミドル臭が大気に放出されます。放出するだけならまだいいですが、コートの下に着ているジャケットやセーターにニオイが移ってしまっています。

そして意外に忘れがちなのが「マフラー。」マフラーをしている首やアゴ回りは代表的な加齢臭を発している場所。しかも、直接肌に触れているので間違いなく嫌なおっさん臭がマフラーに移っています。

汗が乾いた後が要注意

注意してほしいのが、体臭は汗をかいているときよりも乾いたときのほうがニオイを強く発します。その理由はあなたの汗や皮脂が酸化を始めるからなんです!

車の中

次に注意してもらいたいのが車の中。え?靴脱ぐわけじゃないのに何で??と思う人も多いでしょう。それがヤバイ!

冬の車は間違いなくエアコンをつけて車内を温めていると思いますが、今の車のエアコンは大変高機能のため、車内の空気が効率よく循環しているんです。暖房をつけているときは足元から暖かい風を送っているんですが、足元を温めてくれた温風はあなたの足のムレたニオイを一緒に車全体に運んでくれちゃうんです。

冬の体臭対策

朝シャワーで体臭発生時間を遅らせる

シャワー浴びる時間でニオイ発生を遅らせる

ひとによっても違いはありますが、臭いの原因の一つでもある皮脂が分泌されるのは体を洗ってから約12時間後。詳しくは加齢臭対策に朝シャワーが効果絶大なたった1つの理由で紹介しています。

これを逆算すると夜の10時にお風呂に入ったとすると、皮脂が分泌され始めるのが午前中の10時ごろになります。朝6時にシャワーを浴びると皮脂が分泌し始めるのが夕方の6時頃なので、会社にいる時間帯はニオイの発生をずらせることになります。

抑臭効果のあるボディシャンプーなどを使用する

Rapterグルーミングボディシャンプ

この記事を読んでくださっているということは、少しでも体臭やニオイを気にされている方だと思います。なのでニオイに対してリテラシーの高い方は当然使用していると思いますが、銀イオン・カキタンニンなどの抑臭効果のあるボディシャンプーなどを使用してしっかり体を洗ってあげます。

しっかりニオイの原因を洗い流した後は、保湿をすることでより一層無駄な皮脂が分泌されず、ニオイを発生するタイミングを遅らせることができます。

ボディシートなどでこまめに拭き取る

もしも、事前に仕事などで上着を脱いだり靴やブーツを脱いだりする予定がわかっているなら、ボディーシートなどを使用して、トイレや更衣室などで脇の下・首回り・顔・足などをしっかり拭いて、ニオイの原因となる皮脂汚れなどを拭き取ってあげましょう。

また、靴の消臭スプレーや足のニオイに効くスプレーなども市販されているので、カバンの中には常備しておくのができる大人の男のマナーです。

上着やセーターなどもこまめにクリーニング

コートやセーターなどはなかなか気軽に洗濯やクリーニングに出すことができません。普段はファブリーズをシュッシュしているだけで、クリーニングは衣替えの時だけって人もいると思います。

こびりついた体臭・たばこのニオイ・生活臭はファブリーズだけでは取れません。ニオイが気になる人はこまめに洗濯、クリーニングしてください。

なかなかクリーニングに出せないよう…って人は「スチームアイロンでスーツの汗やたばこのニオイ自宅で取る方法」で紹介しているスチームアイロンを使用してニオイ対策するのもおすすめです。

冬のニオイ対策は計画的に準備をすることが大切

一日の予定がしっかりわかっているのであれば、なるべく厚手の靴下などを履いていかないとか、お客様へ訪問する予定があるなら時間を逆算して朝シャワーを浴びるとか、ニオイ対策グッズをカバンに準備するなど意識があるのならそこが一番大切です。

まとめ

夏は汗を大量にかくので、普段あまりニオイを気にしていない人でもニオイ対策をしている人は多いと思いますが、冬場は寒さで汗をかく機会が少ないと思っている人が多いので対策を行っていない人が多いです。

  • 冬場は意外に汗をかいている!
  • 冬のニオイ対策は自分の体臭を自覚すること!
  • 朝シャワーでニオイの発生を制御しろ!
  • 計画的にニオイ対策計画をたてろ!

冬場は夏と違い、ニオイ対策をおろそかにしがちです。上記のポイントをしっかり押さえて冬のニオイ対策を行っていきましょう!