2016年5月18日

加齢臭対策に朝シャワーが効果絶大なたった1つの理由

一昔前『朝シャン』が流行した時もありました。しかし、現在では朝シャンは『ハゲの原因になる』など良い話はあまり聞きません。

しかし加齢臭に悩んでいる方には是非『朝シャワー』をオススメします!

なぜ朝シャワーが加齢臭に効果的なのか…そのたった一つの理由とは!

ニオイいの素である皮脂が発生し始めるのが12時間かかるからなんです!

今日は加齢臭対策に『朝シャワー』が効果的なたった1つの理由を説明したいと思います。

シャワーが加齢臭発生を遅らせる

シャワーを浴びることにより、加齢臭の原因の1つ皮脂をしっかり洗い流すことができます。

シャワーを浴びて正しい洗い方をすれば大抵の加齢臭の原因は取り除くことができるのです。

朝シャワーが加齢臭対策に効果的な理由

なぜ朝シャワーが加齢臭対策に効果的なのでしょうか?シャワーが加齢臭発生の原因の1つである皮脂を洗い流してくれるからです。

ただし、ここで重要なのは『

加齢臭発生をを効果的に遅らせるには『朝シャワー』をすることなんです。

その理由は…
体を洗ってから皮脂が分泌されるのが12時間後

と言うことは、仕事から帰り食事をしてダラダラしてお風呂に入るのが夜の9時だとします。

早い人だと12時間後の朝9時には加齢臭が発し始めるのです

加齢臭が発生するまで

12時間で加齢臭が発生し始める

逆算して朝シャワーを浴びよう

シャワーを浴びて皮脂をしっかり洗い流したら約12時間後に加齢臭が漂い始めるのが分かれば、対策は簡単です。

朝6時に起き、6時半にシャワーを浴びれば単純に加齢臭が漂い始めるのは夕方の6時半です。

会社に9時には出社し6時に退社すればさほど加齢臭発生の発生は気にならなくなるはずです。

朝シャワーで加齢臭発生を遅らせる

勤務中は加齢臭が発生しにくい

これが朝シャワーが加齢臭の抑臭に効果的なたった1つの理由です。

朝シャワーをする事で加齢臭対策が見えてくる

そこまで逆算して自分の加齢臭がどの位からニオイ始めるのかが分かれば対策だって見えてきます。

朝シャワーしてから加齢臭がニオイ始めるのが12時間後とはいえ心配であれば、お昼休みなどトイレに行った時に耳の後ろ、脇の下、首まわり、顔のTゾーンなどをボディーシートでさっさっと拭いてあげればいいんです

仕事帰りに同僚と一杯!なんて時も、トイレでささっと拭いてあげれば加齢臭の発生をしっかり押さえてくれます。

朝シャワーの注意点

朝シャワーが効果的なのは分かりましたが注意しなくてはならないこともあります。

あなたのここからニオイ発生!加齢臭を発する8つの場所と対策 』でも触れてますが以下の2点を守りましょう。

  • ゴシゴシ洗わない
  • 入浴後はしっかり保湿

体の洗い方に注意

ゴシゴシ力任せに洗うと皮膚を傷めてしまう可能性もありますし、アブラの多い方の場合は余計に皮脂を分泌してしまう可能性もあります。

頭や顔は洋服を着ていないので、人とコミュニケーションするときに相手にに加齢臭が届いてしまう可能性が高いです。

頭の正しい洗い方は『美容師さんがやってる!頭から発する臭いを徹底的に抑える頭の洗い方』の記事で紹介していますので参考にしてください。

顔も体と一緒で、ガシガシ洗わず泡洗顔などを使用して、優しくしっかり洗いましょう。

顔はTゾーンやアゴ回りは脂ぎるのに、ほっぺたは乾燥しているなど、最近の男性は俗にいう『混合肌』が多いです。

シャワー後は全身をクリームや化粧水でしっかり保湿

泡洗顔などで優しく洗顔した後は、乳液・化粧水・美容液・クリームの成分糸つになったオールインワンメンズ用肌ケア用品などを使って、しっかり保湿と保護をすることが加齢臭を抑えるのには大切です。

朝シャワーした後に必ず、全身に乳液やボディクリームでしっかり保湿しましょう。

皮脂が取り除かれた皮膚は肌を守るために、新たに皮脂を分泌しようとします。その時にしっかりボディクリームなどを使って保湿してあげることによって、皮膚が乳液を吸収し余分な皮脂を分泌しなくなるのです。

しっかりと皮脂が分泌する時間を把握すれば自ずと加齢臭対策が見えてきます。

加齢臭を完全に消すのは大変ですが、その辺りをしっかり押さえていれば加齢臭を発生させないことは意外と簡単です。

皮脂の分泌される時間を把握して、加齢臭の発生をコントロールしましょう。

まとめ

加齢臭は完全になくすことは難しいかもしれませんが、加齢臭の発生する場所や、正しい対策方法を知ることで加齢臭を人には気が付かせなくすることは可能です。

しっかり加齢臭の発生する場所や対策方法を理解して、加齢臭と上手に付き合っていきましょう!